2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

心をキチンと持つようにこころがけています 大江橋クリニック会員制ブログ 

Dn050_l世界の美女を例に、シリーズ化した「キレイだけがすべてじゃない」ですが、
今回は日本の美女からのご紹介です。

心の内面が、言動やしぐさに現れることを、心延え(こころばえ)というそうです。
悪い意味で心延えとは使いませんので、良い心持ちが外面に現れることをいうのでしょう。

この言葉を聞くと、私は平滋子を思い出します。

宮廷に仕える女房として出仕していたところを、美貌と才気をかわれ、
後白河の後宮にあがった女性です。
残念ながら、身分が低く、中宮にも女御にもなれませんでしたが、
その寵愛は、他の女性を足下にも寄せ付けなかった程だったとのこと。

滋子についての記載が残されています。
建礼門院右京大夫集には
「言ふ方なくめでたく、若くもおはします」

言葉にできぬほど美しく、若々しくていらっしゃる

建春門院中納言日記たまきはるにも、
「あなうつくし、世にはさはかかる人のおはしましけるか」

なんと美しい、この世にはこのような人もいらしたのか

と書かれています。
お世辞水増し点を引いたとしても、美貌の持ち主だったことがうかがえます。

滋子は、局の雰囲気が、上品で華やかであるように、
自分に仕える女房たちにすすんで話題を提供し、
絶えず局の雰囲気が、教養深くあるよう気を配り、
いつ、後白河が来てもよいように、滋子もいつもキチンと身仕舞いをし、
皇后すら同殿しなかった後白河と、必ず食事をともにとったそうです。

その様子は、建春門院中納言日記たまきはるに、
「大方の御心掟など、まことにたぐひ少なくやおはしましけん」
心構えが実に比類なくていらした
と記載され、
その様子を伝える記載として、
「御所の御しつらひ、人々の姿まで、ことにかがやくばかり見えし」
御所の調度から女房の姿までがひかりかがやくようだった
建礼門院右京大夫集にも記されています。

四六時中、人目にさらされ、自分一人の時間というものを持てなかった滋子は、
自分の心がやすまる時間というものは、なかったはずです。
ですが、死ぬまで滋子はこのキチンと自分の身の回りを整え、自制した生活をつづけます。

そんな滋子が残した言葉が書き残されています。
折に触れ、女房たちに語っていたといわれています。

「女はただ心から、ともかくもなるべき物なり
親の思ひ掟て、人のもてなすにもよらじ
我心をつつしみて、身を思ひくたさねば、おのづから身に過ぐる幸ひもある物ぞ」

女は心がけしだいでどうにでもなるもの。
親や周囲のせいではない。
自分の心をしっかりもって我が身を粗末にしなければ、自然と身に余る幸運もある

身分がそこそこでキレイな女房なら、気が張ることもなく、言い寄る公達も多かったでしょう。
滋子は安易な人生は望まず、厳しいながらも後白河の寵姫となる道を選びました。
この滋子が産んだ親王が、後の高倉天皇です。
母の出自が低く、様々な事件に巻き込まれ、一時は親王と認められることすら危ぶまれましたが、
美しい容姿と人柄で、廷臣から慕われた天皇だったといわれています。

心延えの、
延えとは、繰り延べるという意味なのだそうです。
すると、心延えとは、
外面から心は見えない物ではあるけれども、
その人の心の性質や性向が、表に現れて、
滋子も局全体もが、輝くようにみえたということなのでしょう。

大江橋クリニックも、ひかり輝いてみえるように、私たちもつとめたいと思います。

小鼻のできもの ホクロ以外にも色んなできものがあります 大江橋クリニック会員制ブログ

Sn058_l小鼻の周りには、色んなできものができやすく、
少し時期をおくと、直ぐに大きくなりやすいところです。

ほぼ、共通していることは、
小鼻のできものは、栄養血管といって、
あなたの血管からバイパスを勝手につくってしまうことが多く、
できものがうまく血管を確保してしまうと、ドンドン大きくなってしまいます。

ですが、小鼻の周りは比較的キレイに治療できる所です。
小さい物なら、レーザー治療でも効果的ですが、
大きい物なら、手術でギュッと縫い縮めてしまうと、
レーザーで治療するよりも、キレイに治ることがあります。

できものの性質や大きさ、部位によっても治療方法は選択できます。

とくに、院長先生は、キズアト治しも専門に治療していますので、
一番キレイに治るであろう治療方法をご説明できます。

気になる方は、院長先生の診察時間に、相談をしてみてください。

春の準備は整っていますか? 大江橋クリニック会員制ブログ

Sn018_l立春は過ぎましたが、外はまだまだ寒い日が続いています。
冬の寒い日、あなたはどんなコートをまといますか?

中之島の木々を観察してみると、
幹や枝に、新芽が顔をのぞかせていることに気が付きます。
寒い冬を越すために、新芽は、どんなコートをまとっているのでしょう?
ひとつひとつを観察すると、そこには緑の片鱗をみることができます。
冬に木の芽がわずかに萌えだしていることを、冬萌と呼ぶそうです。
木々は、春に突然、目覚めたように萌え出し、花が咲くように思いますが、
実は、落葉樹は、葉を落とした後、きちんと次の春の準備をして冬を越すのだそうです。

大江橋クリニックは、4月に向けて、準備を開始している人たちで溢れています。

あなたも春の準備は整っていますか?

異所性蒙古斑(もうこはん) 赤ちゃんから大人まで体の青あざ 大江橋クリニック美肌レーザー治療

Sn072_lおしり以外の青あざは異所性蒙古斑のことが多いです。(顔をのぞく)
おしりは大人になる前にほとんどきえてしまいますが、
他の場所にでているものは、自然に消えることはすくないとされています。
赤ちゃんの場合、レーザー治療をすると、数回の治療で、かなり薄くできます。
うまくいくと、ほぼ見えなくなります。

レーザー治療の注意点としては、
赤ちゃんのときほど、レーザー治療をすると、効果がたかくなりますが、
2歳から3歳をすぎると、大人と効果は変わらなくなります。

子どもの注意点としては、
どの子どもも、押さえつけられることをいやがります。
赤ちゃんであれば、抱いてあやしてあげながらレーザー治療をすることができますが、
2歳を過ぎると、お医者さんが嫌いになっていることが多く、
暴れてしまい、レーザーを照射することが、難しくなります。

よって、2歳から小学生までくらいの子どもは、全身麻酔が必要になることがあります。
これは、痛みをさけるのでなく、主に暴れるからです。

なので、赤ちゃんの間に治療を済ませてしまう方が多いです。

もちろん大人も治療できます。
痛みは、最近はコントロールする方法が多数あり、さほど痛みなく治療できます。

春のお知らせ 大江橋クリニック会員制ブログ

Sn033_l神田明神の梅が咲き始めたと聞き、
お参りがてら、梅見をしてきました。

ご神殿横裏の梅が咲き始め、人もなく、のどかな時間をすごさせていただきました。

梅の別名は春告草(はるつげくさ)。
梅が咲くと春が来たと感じます。

春の便りは次々到着しています。
春告鳥はウグイス。
春告魚はニシン。(めばるという地方もあるそうです。)

私には、
梅とせとかが春を告げてくれます。
せとかを田舎からおくってもらうと、春が来たことを感じます。

あなたに、春を教えてくれるものは何ですか?

あなたの携帯待ち受け画面のイメージは? 大江橋クリニック会員制ブログ

000003712_a1現代では、手軽に携帯で愛する人の写真や動画を撮り、
何枚も保存しておいて、
自分が見たいときに、イメージをいつでも何枚でも、すぐに呼び起こすことができます。


さて、あなたの写真は、
愛する人から、日々更新されていますか?
「去年の写真と比べて、今の君の方がずっといい。」
そういってもらえていますか?


ほんの数百年前まで、
愛する人のリアルなイメージを、いつも傍に置くには、肖像画を必要としました。

肖像画はたいそう高価なものでしたが、
人間は、今も昔も、愛する家族や愛する人の片鱗と、いつも一緒にいたい、
自分の栄華や名誉を、後世にも残したいと思う生き物のようです。

現代にも数多くの肖像画が残されており、歴史上の人物の肖像画を、歴史と
照らし合わせて、私たちも彼らの人生を、かいま見ることが出来ます。

歴史的に英雄や美女と讃えられる人物の肖像画は、
栄華、風格、風貌、美貌などが、後年の作品になるにつれ勝ってくることに気がつきます。

あなたの写真はどうですか?
あなたの愛する人の写真はどうですか?


春は、写真を撮るとてもよい機会です。
是非、写真や動画を撮ってみてください。

大江橋クリニックは、去年より美しいあなたを造るお手伝いをしています。

水都大阪 観光のオススメ その一 五島トラベルさんで大川クルーズ 大江橋クリニック会員制ブログ

Sf104_l大阪観光のお勧めは?
水都大阪をご案内しましょう。
五島トラベルさんはいかがでしょう?
全国展開されていますので、ご存じの方も多いでしょう。

大川の桜クルーズ予約が始まっているようです

帝国ホテルの食事をいただきつつ、
大川沿いの桜を観賞しながら、春を満喫できます。

(ココで大江橋クリニックからのお知らせです
花粉症対策をどうぞお忘れなく〜 大江橋クリニックアレルギー科

クルーズは、春に限らず季節に合わせた企画を楽しむことが出来ます。


私のオススメは、夏のビアクルーズです。
バイキング形式ですので、飲みっぷり、食べっぷりのよい外国人たちと毎年必ず行っています。

スタッフの両親は定年を迎え、
夫婦二人で海外クルーズに参加したそうです。

春を探しにおでかけしませんか?

院長診察の予約制開始のお知らせ 大江橋クリニック

Sf101_l平成23年4月〜
木曜日の午前11時〜14時
土曜日の終日
院長診察は完全予約制となります。
再診の方のみのご予約となります。

初診の方で、
瞼のご相談、眼瞼下垂、
キズアトのご相談、瘢痕拘縮(腋、口、腕などの動かしたときに突っ張る傷)、
耳の再建、
皮膚のできもの、
新生児赤ちゃんから大人まで
血管腫、あざなどのご相談や、
院長の診察を特にご希望されるかたは、普段の診察時間をご利用ください

小児科、産婦人科など紹介状をお持ちの方はご相談ください。

今日は初午 今年の福を授かりにいってきたいとおもいます 大江橋クリニック会員制ブログ

Sn020_l日差しがやわらかくなった今日この頃です。
重いコートを脱ぎ捨てて、街は薄いコートやハーフコートを多くみかけるようになりました。

毎年、日は変動しますが、
今日は2月の1回目の午の日です。
よって、初午
初午詣と言うと、わかりやすいかも知れません。

地方によって、習慣は変わるようです。
もちろん、干支によって行事は変わります

今にも残る行事のひとつ、
初午詣は、京洛に早春が来ることを告げる祭事です。
私は、この日が来ると、春が来ることを感じます。

なぜ、午の日にお参りするの?

今年から数えて、1300年前の初午の日、
伏見稲荷大社は鎮座されました。
全国にお稲荷さんは多くありますが、総本山は、伏見稲荷大社です。
よって、お稲荷さんをお祭りする神社は、午の日に詣でることが慣例のようです。

平安時代から、初午にお参りする姿は、
あちこちに書き残されています。

お稲荷さんを信仰していた有名人は?
年代別に様々ですが、一番のブレイクを引き起こした人。
それは
田沼意次
徳川吉宗の小姓から老中にまで大出世した人物です。
家の中にお稲荷さんをお祭りしていたとされ、
稲荷信仰は江戸時代にも大ブームをひきおこします。

もし、今日、詣でることが難しければ、
今年は、二の午の日が、2月20日の日曜日です。
たいへんの混雑でしょうが、春を探しに、伏見稲荷大社に詣でてみるのもよいかもしれません。

夏になると大きくなる、目の下のできもの 冬の内に取るのも一案です 大江橋クリニック会員制ブログ

Ss009_l夏になると大きくなる、目の下のできもの。
冬になると少し小さくなります。

それは、汗管腫が考えられます。
女性に多く、人によっては、体にも、腋にも、足の付け根にも出てきます。
多発することが多く、
塗り薬を塗っても、治りません。

一度で取りきりたい。
というならば、
手術でできものをひとつずつ、小さく取りきることをお話しています。
冬の小さい間に取ってしまうと、大きく切らずに済みます。

目の下は、幸いに、手術をしても比較的キレイに治り、跡形が残りにくい所です。
レーザーで削るよりも、ズッと跡形はキレイに治ります。

また、低出力のレーザーをズット照射し続けていると、ガーゼを当てずとも、
数が少なくなって、小さくなってくる人もあります。


Looks to love this Valentine's Day 大江橋クリニック会員制ブログ

Sn016_lWith Valentine's Day just a week away !
バレンタインデーも、まもなくです。

チョコレートのセレクトは?
ロケーションは?
ドレスは?
靴は?
バッグは?

それはもうお済みでしょう。

ではあなたのブラッシュアップは?

バレンタインデーまでに、キレイになれるコースをご用意しています。

★お顔のうぶ毛脱毛
1度でもグンと、うぶ毛が少なくなります。
出力によっては、今あるうぶ毛はほぼ見える部分はなくなります。
ご相談ください。
肌が白くなった、お肌がスベスベになったなど
満足度の高いメニューです。
裏メニューでしたが、今年から一般公開いたしました!
10代〜20代の方に大人気!
フルフェイス 36750円

お肌デトックス
カサカサ肌などの赤みを取ったり、お肌のきめを整えたり、タイトニングしたりと、
大活躍のコースです。
10代〜人気のコースです。
バレエの発表会前、入学、卒業前には、10代の方が多数見えます。
お母様とお見えになる方がほとんどです。
フルフェイス、デコルテ、バック(背中)各36750円

★脱毛
男性、女性のどこの部位にも対応できるよう、様々な脱毛レーザーを揃えています。
バレンタイン前には男性のひげ脱毛がグンと増えます。
詳しくは大江橋クリニック医療レーザー脱毛ウェブサイトを参照ください。
1度でかなり減毛できると大好評です。1度の減毛率が高いと、トータルコストが減ります。
バレエや日本舞踊などの発表会前に。


お肌クチュール 
メディカルエステをされる方が急増中。
春に、お肌が乾燥したり、赤みが増したり、カサカサしたり。
などを脱出します。
お肌のコンデションがグッと上がると大好評。

大江橋クリニックは、あなたを変えるお手伝いをしています。

シルクプリントのドレスが続々上陸 2011年の春はヒップラインを整える 大江橋クリニック会員制ブログ

06_mainimageitems2011年春はランウェイはプリントの嵐!でした。
プリント柄は、
アニマルあり、
フルーツあり、
オリエンタルなフラワーあり、

柄on柄もアリ。
パイソンにヒョウを合わせてもあり。
バッグはでかトートが王道!
プラス足もとはヌーディサンダルで決めるのが今年風です。

プリントドレスに必要になるのは?
もちろん、おいしそうなヒップラインです。
プリントドレスは、シルクなど柔らかい素材ですので、ヒップラインを強調できるチャンス!

グンと腰高のヒップラインをつくるもよし。
ウェストラインを強調するヒップラインをつくるもよし。

魅力的なおしりをつくる
エクササイズと
レーザー治療が始まっています。


美容はリラックマろう! 人にキレイにしてもらう美容が一番です 大江橋クリニック美肌レーザー治療

Images★カルティエの赤い箱にも、エルメスのオレンジの箱にも、
ときめかなくなってしまった、お年頃のアナタに

★頑張って、頑張ってしんどくなってしまっているアナタに


人にしてもらって、キレイになる治療をオススメしています。

化粧品でどんなに頑張っても、限界があります。
”楽”にキレイになると、ご自身も気分が良くて”楽”しくなります。
キレイは雰囲気から生じます。
オーラというのも、そういったものです。
気負わず、努力せず、が一番のお”薬”。

美容治療は楽しくないと。美容は実は、楽しくなる心とお肌のお薬です。

美容はリラックマ感覚で。
リラックマいわく、
「ひとには優しく、自分にはもっと優しく」です。

キレイなだけがすべてじゃない 大江橋クリニック会員制ブログ 最初づくしの女性 アニエス・ソレル

Sl007_l世界で、最初にダイアモンドを身につけた女性は?
答えはフランス王シャルル7世の公式寵姫、アニエス・ソレル

このアニエスこそが、寵姫を公妾、フランス語で「メトレス・アン・ティトゥル」という公職に、
はじめてのしあげた人物です。
(前回までのブログを参照下さい)
日本で言うところの尚侍と言ったところでしょうか?
日本と違うところは、貴族でなくともなれたということでしょう。


アニエスの肖像画が残っています。
ムランの聖母子
片胸を露出しているのは、
アニエスが自分の美しい胸を誇るあまり、宮廷人の前でも、胸を露出していたためとされています。
これを見ると、かなり奇抜な女性だったと思われます。
ですが、身分制度の厳しいフランス宮廷で生き残るためには、これぐらいの演出は必要だったのでしょう。

これにより、アニエスは、田舎城主の下働きの侍女から、躍進出世を果たし、
寵姫が、王妃のかわりに民衆や宮廷人の憎悪の対象となる、
フランスの「伝統」をつくったはじめての人となります。


では、本題の、なぜ、アニエスがダイアモンドを最初に身につけることになったのか?

アニエスは、次第に政治にも口を出すようになります。
軟弱なシャルル7世にかわって政務をとることもあったようです。

この、美しい肉体に宿る、男勝りな部分を愛でた、
シャルル7世は、アニエスに
男性専用の宝石、ダイアモンドを、プレゼントしたとされています。
研磨技術の発達していなかった当時、ダイアモンドはいっとう低いものでしたが、
このプレゼントのお陰で、
アニエスは、フランスの歴史のみならず、宝石装飾史にも名をとどめることになります。

この最初づくしの女性、アニエス。
28歳で急死します。
アニエスが栄華を極めたのはたったの8年間。

その間に、今までの枠を踏み破り、一兵士の娘でも
王に、愛の世界でも、政治の世界でも、大きく権力をふるうことができる道を切り開きました。

実はフランスの民主主義は、フランス革命よりも前に、ここから始まっていたのかも知れません。

美肌レーザー治療 こんな効果を出しています 大江橋クリニック会員制ブログ

Sj026_lエアコンの空調など、オフィスで働くOLライフに、乾燥対策は永遠のテーマです。
オイルや1万円以上のクリームをつかうより。
化粧品にたよらずとも、
もともとのご自身の肌を、ふっくらモチモチ肌につくり変えることをお話しています。

パソコンなどで目を酷使しても、
夕方に目の下の小じわで悩むことなく、

肌の表面がキレイなのは、もちろん。
内側から輝くキレイを引き出して、

ファンデーションいらずの肌だから、化粧くずれもしなくて、

やせた?っていわれるように小顔になって

ここで決めておきたい
会議、デート、飲み会などの予定を難なくクリアしたい。

そんなご要望に合わせて、
美肌レーザー治療をお勧めしています。

美肌レーザー治療をつかうメリットは、化粧品代を大幅にダウンできること。
具体的に、老若男女が2000円台の化粧水でも十分キレイ肌を保てる。
そんなお肌をつくっています。

大江橋クリニック美肌レーザー治療
★お肌デトックス 36750円
  OLさんに一番人気です。 20〜30代の男性にも。
  
★レーザーリミックス 36750円
  お肌デトックスを卒業した方に。 たっぷりのレーザーシャワーでお顔を洗って下さい。
★大江橋マジック 52500円
  40歳〜の定番です。 ウェディング前にも最適。
★お肌クチュール 157500円
  一番を望む方に。 働く40代〜には一番の人気です。「奥様」と呼ばれる方にお勧めです。
  


キレイだけがすべてじゃない 絵画を通してみる女性とその時代 

Sj133_lシリーズも後編に近づきました。
今回はマリーアントワネットの革命直前の絵から。
マリーアントワネットと子どもたち

革命前の不穏な雰囲気の中、
マリーアントワネットがお気に入りの女流作家に注文した作品で、王室公認の肖像画として世間に公表されました。
今まで紹介した肖像画とはうってかわり、
地味な衣装に子どもたちに囲まれて、
マリーアントワネットは母らしく頬も体もふっくらと、母性を強調しています。
王子の指さす空のベビーベッドには、亡くなったソフィー王女を思わせます。
反王室感情を払拭するために、この作品は世に出ます。


マリーアントワネットの悲劇的な死は、
夫であるルイ16世が寵姫を置かなかったからだ。

と言ったのは、フランス人だったと思います。


伝統的に、フランス王には公認の、ほとんどがフランス出身の寵姫が存在しました。
低いながらも爵位があり、侍女として宮廷にあがって見初められるケースもありましたが、
爵位がなく、寵姫になれるように教育されていた女性も多くみられます。
身分制度の厳しかった当時では、寵姫になることが女性の出世コースナンバーワンだったのです。
ですが、よいことばかりではなく、
寵姫は、王や王室の負の責任を、一身に引き受ける役目でもありました。
王妃よりも権力を握る寵姫は、栄華を極める代わりに、
王妃の代わりに、民衆からは憎悪の対象となる役目を担います。

これはフランス宮廷の伝統で、
王の亡くなった後は、寵姫は宮廷を追い払われるのがお定まりのコースでした。
処刑されないだけマシかもしれません。
イギリスやロシアしかり。

とにかく、血筋に誇りをもち、血統にこだわるヨーロッパ王族にとって、
王妃は血統や持参金や政治のために迎えた、ただの飾り物。だったのです。

もう、オーストリアと戦争しなくてすむ!
友好の天使として受け入れられたマリーアントワネットでしたが、
その言動が、
寵姫の陰で目立たない王妃に慣れていたフランスにとって、
血統も良く、持参金もあり、
その上やたらとしゃしゃり出てくる、外国人女として映ったことは否めません。


フランス革命は、マリーアントワネットの浪費が原因と言われますが、
「あの女は、とんでもない見栄っ張りで浪費家だった。」

「嫁が来てからうちの息子の○○ちゃんは、変わった。
子どもの頃の○○ちゃんはそりゃあ優しかった。悪いのはすべてあの嫁。」

これらは、贅沢のできない庶民にも、耳にしたことのある言葉で、
嫁に対する常套句のようです。
また、フランス宮廷では、従来寵姫に言われた言葉です。
どうやらこういわれるのは、マリーアントワネットに限った話ではなさそうです。

この絵のあと、有名な首飾り事件が発生します。

もともと、ルイ15世の寵姫だったデュバリー夫人の発注した首飾りです。
本当の浪費家は、欲しい物も欲しくない物も、みさかいなく買う人のことです。

王妃だったマリーアントワネットが、首飾りを買わず、
また、それに勝る首飾りを発注することなく、
その金額を聞いて宝石商にばら売りするよう助言したことをみると、
マリーアントワネットにもある適度の判断能力はあったとみて良く、

ルイ16世を尻に引いたといわれてはいますが、
いやしくも一国の王になるべく育てられたルイ16世が、
たとえ気弱であったとしても、
全てが全てマリーアントワネットのいいなりになったとは、考えにくいと思います。

王室の婚姻ほど国民の味蕾を刺激するものはない。
とは、ヨーロッパの文筆家の言葉です。
ヨーロッパ王室で、結婚の話が溢れ、お祝いムードとなっています。
国民総小姑は、繰り返されるのか?
今後をみたいと思います。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »