2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 美肌レーザー治療 こんな効果を出しています 大江橋クリニック会員制ブログ | トップページ | 美容はリラックマろう! 人にキレイにしてもらう美容が一番です 大江橋クリニック美肌レーザー治療 »

キレイなだけがすべてじゃない 大江橋クリニック会員制ブログ 最初づくしの女性 アニエス・ソレル

Sl007_l世界で、最初にダイアモンドを身につけた女性は?
答えはフランス王シャルル7世の公式寵姫、アニエス・ソレル

このアニエスこそが、寵姫を公妾、フランス語で「メトレス・アン・ティトゥル」という公職に、
はじめてのしあげた人物です。
(前回までのブログを参照下さい)
日本で言うところの尚侍と言ったところでしょうか?
日本と違うところは、貴族でなくともなれたということでしょう。


アニエスの肖像画が残っています。
ムランの聖母子
片胸を露出しているのは、
アニエスが自分の美しい胸を誇るあまり、宮廷人の前でも、胸を露出していたためとされています。
これを見ると、かなり奇抜な女性だったと思われます。
ですが、身分制度の厳しいフランス宮廷で生き残るためには、これぐらいの演出は必要だったのでしょう。

これにより、アニエスは、田舎城主の下働きの侍女から、躍進出世を果たし、
寵姫が、王妃のかわりに民衆や宮廷人の憎悪の対象となる、
フランスの「伝統」をつくったはじめての人となります。


では、本題の、なぜ、アニエスがダイアモンドを最初に身につけることになったのか?

アニエスは、次第に政治にも口を出すようになります。
軟弱なシャルル7世にかわって政務をとることもあったようです。

この、美しい肉体に宿る、男勝りな部分を愛でた、
シャルル7世は、アニエスに
男性専用の宝石、ダイアモンドを、プレゼントしたとされています。
研磨技術の発達していなかった当時、ダイアモンドはいっとう低いものでしたが、
このプレゼントのお陰で、
アニエスは、フランスの歴史のみならず、宝石装飾史にも名をとどめることになります。

この最初づくしの女性、アニエス。
28歳で急死します。
アニエスが栄華を極めたのはたったの8年間。

その間に、今までの枠を踏み破り、一兵士の娘でも
王に、愛の世界でも、政治の世界でも、大きく権力をふるうことができる道を切り開きました。

実はフランスの民主主義は、フランス革命よりも前に、ここから始まっていたのかも知れません。

« 美肌レーザー治療 こんな効果を出しています 大江橋クリニック会員制ブログ | トップページ | 美容はリラックマろう! 人にキレイにしてもらう美容が一番です 大江橋クリニック美肌レーザー治療 »

大江橋クリニックのちょっと雑学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547716/50763768

この記事へのトラックバック一覧です: キレイなだけがすべてじゃない 大江橋クリニック会員制ブログ 最初づくしの女性 アニエス・ソレル:

« 美肌レーザー治療 こんな効果を出しています 大江橋クリニック会員制ブログ | トップページ | 美容はリラックマろう! 人にキレイにしてもらう美容が一番です 大江橋クリニック美肌レーザー治療 »