2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のコメント

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 年齢不詳 大江橋クリニック会員制ブログ | トップページ | 意外性 それもありでしょ? 大江橋クリニック会員制ブログ »

親として思うこと 皆さんはお子さんに何を教えていらっしゃいますか? 大江橋クリニック会員制ブログ

F008048

「先人の轍を踏む」とは悪い意味に使われます。

昔の舗装されていない道に馬車が走ると轍という溝が出来ます。
轍はへこんでいるために同じ轍に馬車の車輪が落ち込むと、
馬車がひっくり返ったり身動きが取れなくなるため、
同じ失敗を繰り返すことという意味になったそうです。


良い意味では、「先人の足跡をたどる」。

たどるとは、
歩きにくい道や知らない道を確かめながら苦労して行く。迷いながら手探りで進む。
筋道を追ったり、手がかりを頼ったりして探し求めていく。ことを言います。

子供の進路相談に行ってきました。
大学進学率は横ばいとはいえいまだ上昇しつつあります。
大学入学までにまだ何年もある子供に、
学校の先生は少しでも偏差値の高い学校を目指すように、誘導し提案をしてくれます。
この進路を外さずにすすめば、大学にはいるという目的を果たすことは可能でしょう。
大学を卒業することもできるでしょう。
ですが、それだけでうちの子が社会にでて必要とされる人間に育つのか疑問を持つ私です。


現在、パソコン業界ではアップルは快進撃を遂げています。
一度倒産寸前まで追い込まれましたが、iOSの普及によって、息を吹き返し、
今の地位に返り咲きました。
ですが、その恩恵はアメリカには落とされていません。
潤っているのは頂点のみで、下請けになるべき製造業は海外にまわし、
アメリカの生産工場にはその恩恵がまわってきていないためです。
日本も同じことが起こりつつあります。加えて節電により、日本でこれからドンドン人間を必要とする仕事はなくなるでしょう。

人なしでは成り立たない仕事が残されているそすれば、それは今のところ医療と介護の分野くらいでしょう。
ですが、この分野は今、全くと言っていいほど人気のない分野です。
今就職を求める人の親世代は、お金を儲けることが素晴らしいという教育で育っている世代だと思います。
会社に長い時間を捧げ、お金を稼ぎ物質的に豊かに暮らすことが立派であるという考えのもとに、
物質的な富を追い求めてきた世代です。
その甲斐あってか、機械化が進み、人は肉体労働から解放されます。
そして、富んだことによりそこそこに国民が食べられる世の中になってしまうと、
会社は単純労働をする人は必要がなくなってしまいました。
よって単純労働で高給をはらう会社はなくなり、
低賃金で、外国から単純労働をしにくる人はあっても、
自国民が単純労働するには金額的に見合わないと思うようになります。
具体的にいうと、大学院を卒業し修士を持っているのに道路清掃なんかできなくなる。
それなりのポストを探すが、職業はピラミッド式です。
全ての人に、年齢と共に高い席が待っているわけもなく、最近では最初から就職という席にもあぶれる人が出てきても不思議ではなくなったわけです。

つまり会社側は、単純労働をする人が必要なく、終身雇用でもなくなったら、人をわざわざ教育をする必要がなくなる、つまりは
最初からスキルのある学生を求めるようになったということでしょう。
今までスキルは会社で学べていたのに、スキルをつけて社会にでるようにとは、何とも親としては責任の重い話です。
10人に1人しか大卒がいなかった時代には、大卒に価値があったでしょう。
全員が大卒になったのなら、特別な大卒以外は何の意味もない。
特別な大卒であってもスキルがなくては意味がない。
上から何番目にいるから良いポストにつけるということなのです。
ヨーロッパは誰でも大学には入れる。だから目的を持った人しかはいらない。
研究者以外は大学に進学しない。
ヨーロッパと同じ社会に日本がなったと思って間違いないでしょう。
親としては非常につらいことですが、私の子供はこういった時代を生きのびなければならないようです。


私は、お金を儲けることが素晴らしいという教育から、
会社に長い時間いるから立派であるという考えから親である私も含め、皆が脱する時期がきているのだと思います。

私の従事する医療と介護に対する賃金は低く、しんどい仕事です。
仕事と賃金が見合っていたのは昭和の時代だけでしょう。
ですが、だれかのために尽くすことは実は素晴らしいという仕事に対する誇りをもっているからこそ続けられています。
仕事に誇りを持つことは大事なことです。
自分を必要とする環境に身を置くことの出来る喜び、そして最初は手探りだった仕事が充実してくる喜びを味わうことは、人生において素晴らしい経験でしょう。
医療や介護には、まだそういった自分で開拓できる、そして自分を開拓する余地が多分に残っている業界です。
もちろん、自分が誇りと思える仕事を見つけることも大事ではありますが、
自分の仕事に誇りを見つけることも大事だと思います。
私は医療や介護の業界しか知りませんが、
他の業界にもきっとこういった喜びを見いだせる職業が残っているはずです。

人を相手にする職業が報われない社会は、人を大事にしない社会です。
日本は豊かな国になりました。ですが、自殺率がここ数年増えつつあることも事実です。
心豊かに生きること、だれかのために生きること、自分の仕事に誇りを持つこと。
今、親として自分の子供に教えなければならないのは、この3つではないかと思っています。

« 年齢不詳 大江橋クリニック会員制ブログ | トップページ | 意外性 それもありでしょ? 大江橋クリニック会員制ブログ »

大江橋クリニック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/547716/52423356

この記事へのトラックバック一覧です: 親として思うこと 皆さんはお子さんに何を教えていらっしゃいますか? 大江橋クリニック会員制ブログ:

« 年齢不詳 大江橋クリニック会員制ブログ | トップページ | 意外性 それもありでしょ? 大江橋クリニック会員制ブログ »